メールの書き方攻略・テクニック

出会い系に登録し、気に入った人とメールのやり取りが始まるとウキウキしますよね。でもすぐに会ってしまうのは危険。ですからしばらくメールをしてみることが大切です。

 

しかしメールで盛り上がらないと、実際会うまでにも至りませんよね。そのため、メールは相手から興味を持ってもらえるように工夫しなければなりません。

 

一番やってしまいがちなのは、相手への質問攻め。確かに質問をすれば高確率で返信をもらえます。相手を知ることもできるし、話題にも事欠かないでしょう。ただ知り合って間もない相手に根掘り葉掘り聞かれるのを嫌がる人もいるのです。

 

ですからメールの内容は簡単なものでOK。日常で起こる笑い話などは題材としてもってこいですね。

 

気をつけたいのは長文になりすぎることです。長いメールを送るのは、かなり親しくなってからがオススメ。付き合いが浅い場合は、短文を何度も送る方が効果的なのです。チャットをする感覚で小刻みに会話をすると、親近感が生まれやすくなります。

 

より親しみを持ってもらうために、相手を呼ぶ時はニックネームなどを使うと良いでしょう。相手が許してくれそうなら、呼び捨てでも良いですね。敬語も早いうちに卒業しておくと、距離がグッと縮まります。

 

メールがある程度続いてきたら、チラチラ「デート」を匂わせて行きましょう。会話の中で出た場所に「今度一緒に行ってみる?」など、誘い文句を散りばめるのです。

 

もし最初の誘いで良い反応が返ってこなくても、諦める必要はありません。

 

「1回目は様子を見る」と言う人も中にはいますので、その後も誘い続けましょう。ただしその場合、がっつく雰囲気を出すのはダメ。あくまでもクールに「だったら一緒に行こうか?」と言う感じで、相手の会話に乗っかるのがベストです。